Offer Creative Answers

機械には出せない答えをお出しします。

機械でできることは機械がやればいい。

技術革新や経営合理化においてこれらは多いに進歩すれば良いことかと思います。我々の業界も昔ながらの伝票入力などはソフトの発展により、効率的に処理できるようになり、価格も昔と比べ安くなってきています。これは決して潰しあいや過当競争ではなく、技術革新ですので、結構なことかと思います。

しかしながら、いくら技術の進歩が進もうとも機械が勝てないことがあります。それが『ひとの気持ちを理解する』ということではないでしょうか。会社経営においては、商談や人材育成、積極的な投資判断など、人間味や経営者の勘が重要です。また、相続や事業承継では、親、兄弟の想い、会社に至っては先代の想いが最も大切です。税金を安くすることばかりを目的とし、ムダな財産と借金が増えたり、本業以外のことに手を出して、本業にまで支障が出る。このようなことをしていては真の円満な解決は不可能でしょう。

我々GLADZは節税と同等、それ以上に重要な『気持ち』を最大限実現するご提案を常に行っています。

2014年9月1日
税理士法人GLADZ 代表社員 野口 集平

TOP